指導内容|小学5年生

 

「5年生は受験生」の意識で取り組みます。


どの科目においても内容が充実し、中学入試レベルのものを取り扱います。小学5年生のすごし方によって学力の伸長度が大きく左右されます。

◆教科内容◆


説明的文章の読解における「要旨の読み取り」を中心に指導します。また、漢字は小学5年生で小学6年生範囲まで終了します。文法事項では、中学入試によく出題される助詞・助動詞の識別を学習します。

整数の性質、比、割合、速さ、グラフ、平面図形、立体図形、相似といった重要単元を次々と学習していき、小学6年生までの範囲をほぼひととおり終了します。これらの単元内容は、それぞれの内容が複雑に関連し合っているため、一つ一つを確実に理解し、それらの関連性も活かすことを意識していきます。

「てんびんとばね」、「もののとけ方」といった算数の要素が盛り込まれた単元や、考え方が立体的で理解にてこずる「星・太陽・月」,「天気」といった単元など、子供たちにとって難しい内容が続きます。また生物分野では、植物や動物の生態や分類など多くの重要な知識項目をおさえていきます。

2月〜7月は「日本地理」を、8月から「日本歴史」を学習します。歴史にくらべて地理が弱い生徒が多いのは、項目ごとの関連性に乏しく、統計や資料が読めないことが原因です。しかし、逆に考えれば、地理を暗記できれば社会を征服したのも同然なのです。地図帳や資料集をよく見て、地名をひとつでも多く覚えることから始めましょう。

◆カリキュラム◆

 


2・3・4月 5・6・7月 夏期 9・10・11月 12・1月

(小学5年上)
文を読む
ことばのきまり
文のつながり
文の役割・話題と要点
段落関係と要旨
場面と情景
人物の気持ちと性格物語・小説の主題
意見と根拠・理由
経験と感想
経験と感想
表現を読む
詩を読む
復習
これまでの復習
(小学5年下)
文章を読む
ことばのきまり
説明文・解読文
 →接続語で読む
 →段落関係で読む
随筆文
経験と感想
物語・小説
 →場面と情景
 →性格と心情
随筆文
経験と感想
物語・小説
 →性格と心情
脚本
記録文・報道文
データ・情報を読む
論説文
意見と根拠・理由
短歌を詠む
俳句を読む
詩を読む
これまでの復習

(小学5年上)
倍数・公倍数
きまりを見つけて解く問題
約数と公約数
多角形の性質
分数の計算
面積の計算
立方体と直方体
和と差に関する問題
表とグラフ
数列
一方にそろえて解く問題
割合の表し方
割合に関する問題
円とおうぎ形
一方におきかえて解く問題
平均に関する問題
角柱と円柱
水量の変化とグラフ
濃さに関する問題
場合の数
これまでの復習
   
(小学5年下)
速さの表し方
計算のきまりと順序
売買損益の問題
図形の回転移動
差の集まりを考えて解く
数列に関する問題
速さの表し方
割合に関する問題
旅人算とグラフ
数に関する問題
図形の回転移動
つるかめ算の応用
きまりを見つけて解く問題
速さに関する問題
比と比の性質
図形上の点と移動
合同と相似
年令に関する問題
合同と相似
比と比の性質
正比例と反比例
時計に関する問題
角すいと円すい
これまでの復習

(小学5年上)
季節と生物
空気や水の温度による変化
気象の観測
天気と変化
季節と星座
月の満ち欠け
物のあたたまり方
てんびんとばね
音と光
物のとけ方
植物の成長
植物のつくりとはたらき
これまでの復習
(小学5年下)
動物とヒトのからだ
動物とヒトのからだ
豆電球の回路
地球と太陽
酸素と二酸化炭素
気体の性質
物体の運動
物の燃え方
大地の変化
水よう液の濃さ
動物とヒトの誕生
これまでの復習

(小学5年上)
日本の食べ物の今
 →日本の農業
魚はどこから
→日本の水産業
くらしに役立つ資源
 →日本の林業・資源
ものをつくる仕事
→日本の工業
工業がもたらしたもの
→工業地帯・公害
工業の今とこれから
 →工業の今・中小企業
日本と世界の結びつき
 →貿易
九州地方
中国・四国地方
近畿地方
中部地方
関東地方
東北地方
北海道
地形図の読み方
地理の復習 (小学5年下)
旧石器時代
縄文時代
弥生時代
古墳時代
飛鳥時代
奈良時代
平安時代
鎌倉時代
室町時代
安土・桃山時代
江戸時代
明治時代
大正時代
昭和時代
歴史の復習

 

toiawase.gif

▲進学コースTOPへ